幸運をまねきよせる財布の選び方

公開日:  最終更新日:2015/10/20

 最近はいろんな財布があります。財布というのはやはりよく使用するものですから、使いやすいもののほうがいいです。

1裏地のついたものを選ぶ
 裏地なしと裏地付があります。まちがいなく裏地がついたものの方がいいです。裏地なしはバイカー系の財布に多いですが、これは使いにくいです。だいたい革が厚く硬いものが多いです。いわゆる味を出す系ですが、ビジネスシーンでは非常に受けが悪いです。目上の人に見られるとろくな財布ももっていない子供っぽい奴というレッテルを張られます。

2飾りのついていないもの
 飾りがついていると、服やかばんなどあちこち引っ掛けます。それで無駄にダメージを食う場合が多いです。飾りは結構邪魔です。

3ブランドものにこだわる必要はない
 ブランドものというのは、多くの経費が宣伝広告費です。たとえば1万円の財布であれば、1000円ほどの価値しかないでしょう。しかし世の中には宣伝広告をほとんどせずに口コミだけで売っているような財布もあります。こういったところに質の良いものがけっこうあります。宣伝広告費を使わない分安くて上質な財布が提供できるのです。

ラッキーになるかもしれない財布の使い方

 こんにちわ。私は20年間財布ショップの店員をしていました。厳密に言うと財布コーナーなのですが、ずいぶんながく財布と携わってきたものです。
 このページで伝えたいことは、ずばり財布の使い方です。こういった情報はあまりお店では教えませんが、知り合いには教えていました。

興味を持ってくれた方はどうぞ読んでいってください。

 財布の使い方しだいで、財布の寿命は長くなりますし、いつまでもきれいに使えます。ここでは一般的にいわれる使い方を私流のアレンジした使い方を紹介します。

1ズボンの後ろポケットには入れない。
 特に男性のかたで後ろポケットに入れる方が多いです。これをしてしまうと間違いなく財布は傷みます。財布だけではなくズボンも痛みます。ですので後ろポケットには入れないほうが無難です。

2たまによごれを拭いてあげる。
 週に1度ぐらいでいいのでやわらかい布で全体に拭いてあげると、こざっぱりします。コレぐらいの頻度で手入れしておくと、特に専用のクリーナーなどは使わなくていいです。

3レシート類は早めに出す。
 レシート類は早めに出しておくほうがいいです。なぜならレシートで財布が汚れることが結構あるからです。財布もパンパンになりますしろくな事はないです。

参考:宝くじ高額当選した売り場

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑